脂肪燃焼

脂肪燃焼のメカニズムその4

ダイエットしたい方が運動するのでしたら、30分以上は、続けて運動しなければなりません。
運動やエクササイズをスタートしてから、最初の20分間は、血液中の脂肪が燃焼されているだけです。
皮下脂肪を燃焼させるためには、それ以上の時間、30分は、続けて体を動かす必要があります。
このように、皮下脂肪を脂肪酸にさせて、減少させるまで、時間がかかると言う事実がありますので、ダイエットには、どうしても、30分以上の運動が必要ということになります。
皮下脂肪が、脂肪酸に分解された場合でも、その時点で、運動を止めてしまうと、その脂肪酸は、再び皮下脂肪に戻ります。
ですから、脂肪を燃焼させるためには、また、ダイエットのためにも、1時間の有酸素運動がベストと言えるでしょう。
また、体内には、脂肪に関係した2種類の細胞が存在しています。
そのひとつは、脂肪を蓄えるための細胞であり、脂肪を蓄えることによって、その細胞は1.5倍まで大きさが変わってきます。
細胞がこれほど大きくなるのですから、それが集合した人間の体は当然、大きくなるわけで、脂肪太りをするわけです。
この細胞の肥大が脂肪太りの原因となっていますので、この細胞が蓄えている脂肪を燃焼させなければ、ダイエットにはなりません。
もうひとつの細胞は、脂肪を分解する際に働いてくれる細胞です。
この細胞の働きによって、脂肪が分解されやすくなりますので、脂肪燃焼用のサプリメントは、これらの細胞の働きをアップするために服用します。

 脂肪燃焼のメカニズムその4  »

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi