脂肪燃焼

脂肪燃焼と心拍数その5

効果的に脂肪燃焼させる心拍数を知るためには、カルボーネン法と言う、割り出し方法があります。
これによって、脂肪燃焼が最大に行われる心拍数を計算することが可能です。
心拍数の数を出すには、運動強度に、最大心拍数から安静時心拍数を引きた数字をかけます。
そして、安静時心拍数をプラスした数字です。
運動強度は0.5から、0.7の間です。
最大心拍数は、220から年齢を引いた数になります。
この数式で計算してみると、あなたに最適な負荷をかけたときの心拍数が出るでしょう。
このカルボーネン法と言う計算方式は、ご存知ない方も多いでしょうが、最近ではエアロバイクなどの有酸素運動にも取り入れられているものです。
要するに「年齢に応じて運動強度を推定する」と言う計算方法です。
全身持久力を改善させる目的で、アメリカスポーツ医学会は、有酸素運動を推奨していますが、そこで、用いられている計算方法のなかのひとつです。
例えば、先ほどご紹介したカルボーネン法の式で計算してみると、40歳の方で、安静時の心拍数が60とすると、最高心拍数は220マイナス40で180となります。
そして、目標心拍数範囲は120から162と言うことになります。
脈拍数がこの間になるように負荷をかけて、有酸素運動ができれば、体内で脂肪燃焼がより行われやすいことになり、ダイエット効果もアップするのです。
ダイエット目的で運動を開始する方のなかには、短期間で太ってしまったため、きつい運動をして、短期間で元に戻したいと思っている方も多いです。

«  脂肪燃焼と心拍数その5 

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi