脂肪燃焼

呼吸法と脂肪燃焼その2

脂肪燃焼させるため、お金をかければ、エステで脂肪燃焼を促進するマッサージなどの施術を受けることも出来ます。
それから、もっとお金をかければ、脂肪吸引で脂肪を吸い出したり、手術で脂肪を摘出したり、美容外科での施術を受けることも可能ですよね。
ですが、おなかの脂肪を落とすために、大金を払いたくないのであれば、もっとシンプルで、簡単な方法で脂肪を燃焼させましょう。
その方法とは、ズバリ、呼吸法です。
みなさんも、ご存知の通り、体に良い呼吸方法と言えば、腹式呼吸がありますよね。
いろいろなエクササイズにも取り入れられていて、呼吸法の基本と言えるものです。
その腹式呼吸とはちょっと違うのですが、方法はとても簡単で、脂肪燃焼させる呼吸法があります。
ゆっくりと息を吸いながら、おなかを引っ込めていきます。
息を出来るだけ吸い込んだら、その後は、今度はゆっくりと吐きます。
ポイントは、息を吸う際、おなかを引っ込めたまま行うことです。
このポイントを意識して、さらに、息を吐く際には、力いっぱい吐くことです。
力いっぱい息を吐くと、自然と腹筋で空気を押し出すようになりますよね。
それまでにおなかを引っ込めていたときより、さらにおなかが引っ込むはずです。
そうすると、腹筋が鍛えられている感じがしませんか。
呼吸する間もずっと、おなかは引っ込めたままで行います。
腹式呼吸をやったことのある方でしたら、ご存知でしょうが、10秒吸って、10秒吐きますよね。

«  呼吸法と脂肪燃焼その2  »

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi